色々と書いていこうと思っています。
(以前のブログは消えてしまいました…)
<< 陳述書 4 | main | 選手会の競技会ボイコット >>
陳述書 5
0
         陳述書 5

     同じく、第5頁、」14行目から、

     「だから、自分がこういうことを言って俺を批判する前に、その11月28に言ったように、みんな自分を変えてみんなに信頼される人間になれと言うた。なったら、俺はすぐいれたるよと言うたはず。ちゃんと俺は見てるから。俺はそれを、なにを言うたかって、そういう真っ先に挨拶だよ。これ、守田先生のとこにも出した文書の中に、挨拶ができて協調性のある人間だったら喜んで歓迎しますって書いてあるやろ、これ。どこにも三重県が拒否してどうのこうのじゃない。そういう挨拶のできない、協調性もない、自分のことだけしか考えない人間を、三重県に連れて来たって、三重県ばらばらにされるだけじゃないですか。だから、それでもどうしても入れなきゃいけないと言うんだったら、私らはもう最終的な決断は、この日曜日にきめたんです、三重県はね。だから、それはもう、それを盾にして俺たちはここでしゃべていかないとしゃあないと思う。だから最終的に、それでも入れなきゃいけないと言うんだったら、もうこれはやむを得ないと。だけども、多分、三重県の人間は、池田とは多分一緒にやらないと思う。彼が直ったら別だよ。」…
     
    ◎ 原告は、未だ三重県に移住する前に、小久保氏と廣田支局長にも挨拶に行っているのです。それでも、「三重県には来ないで下さい」とハッキリと言われた、と言っているのですよ! これは、文書にも書いています。
     支局に入れてみて、指導・教育して、正会員なのだから将来の幹部候補生として導いて行く雅量と力がないのでしょうか?
     私にはただ単に自分の存在を脅かす存在になるかもしれない、という恐怖感で、何とか追い払おうとしか見えないのです。三重県といえば、東部でいうと神奈川県や千葉県のようなダンスを普及するには大変に良い立地条件の筈です。スクールが100軒、会員も300人以上いても良い筈であります。
    それが、その10分の1以下しかいない、ということをどう思いますか?
     それは、今迄にも三重県支局に入会を希望する者を多数排斥してきたことが物語っています。(何人もの人から聞いています。)
     
    そんなに自分の地位や三重県での主導権を握りたいものでしょうか?
    三重県の為、ひいては日本のダンス界の興隆の為に、三重県を広く開放して、良い人材を育てる積りはありませんか?  
     守田先生宛(本部)文書に、池田氏の「人間性」に関する文章がありますが、「人間としての本性」「人間らしさ」を否定する文言は、正に「人格」同様、名誉を毀損していることに気がつかないのでしょうか?
    この事こそ「 天網恢恢疎にして漏らさず 」でありましょう。
      (以下、省略)
     
    天網恢恢(てんもうかいかい) ( そ ) にして ( もら ) さず = 天が悪人を捕らえる為に張り巡らせている網は広大
    その目も粗いが、決して取り逃がすことはない。
    悪い事をしたならば必ず天罰が下る、の意味。
     
    Posted by : shinodamanabu | 三重問題 陳述書 | 10:30 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2015/06/15 10:02 PM |










    この記事のトラックバックURL
    http://blog.shinoda-manabu.net/trackback/76
    TOP