色々と書いていこうと思っています。
(以前のブログは消えてしまいました…)
<< 風適法のその後 2 | main | ダンスに未来はあるのか? >>
風適法のその後 3
3
 現在の風適法が、我々が願っている様に改正されると、ダンスホールは当然風営法の許可を取らずに済み、「飲食店」で営業出来る様になるでありましょう。ダンスを楽しめる会場が多くなり、必然的に昔の様にダンス・ファンが増えることが考えられます。
 浦安の東急ホテルの様に、風適法の認可を取ってダンス・ホールをホテルの一角に開いている所は稀でありましょう、今後は外国の様に一流のホテルでもロビーや飲食が出来る場所の中央に、狭いながらもフロアーを設け、C.D.やピアノとリズム・ボックスなどの演奏で踊れるスペースを設けて、それを見た人達がダンススクールに来る、という好循環も有りましょう。
 しかし、反面、ダンス教室は資格を持っていない者でも営業できることになり、アマチュアでも教室を経営することが危惧されます。
 我々にとって重要なことは、如何にプロの権威と実力を高めてゆくかでありましょう。例えば、ゴルフ界も約50年ほど前までは、自分でプロを宣言すればプロであり、競技に出られたものだったそうです。現在は日本プロゴルフ協会が確りとした組織になり、プロ・テストもトーナメント・プロとティーチング・プロがあり、資格を持っていない者が「自分はプロだ!」と言えば名称詐称となる程、世間的にも「プロ制度が確立」されています。
 以前、私が住んでいる浦安に居住し、一緒にゴルフをやっていた人が隣の南行徳の駅近くにゴルフ・ショップを開業し、その2階にネットを張り巡らせて練習場を作り、そこで初心者に有料にてゴルフを教えている人が居ますが、別に法律上は問題ではないのですが、人伝にプロではないことを聞いて、他の練習場のプロに習いに行く人が多くなるとのことです。
 ダンス界も、勝手に色々な団体がプロ資格を乱発することなく、一本化した資格を出さないと、現在の競技会の様に「A級の乱発」が生まれてしまう様に、ダンスのプロが権威の無いものとなるのが目に見えるようです。
 そうかと言って、以前の「全ダ連の会長」の様に自分の地位の保全の為に、風適法からの脱却を拒否して反対運動をするならば、ダンスの普及と発展に大きな障害となることでありましょう。
   皆さんもお聞きの如く、現在政局が流動的になっています。消費税の値上げに反対する声、新しく改造された内閣の大臣から二人も辞任せざるを得なくなった醜態。衆議院の解散・総選挙の声が大きくなっています。来月14日など日にちまでマスコミが大きく伝えています。一番恐れていた今年中の解散となると、現在の議案は廃案となり又新たに来年に向けて対応するしか有りません。今度も警察庁は再度大反対をしてくることでありましょうし、先行きが不透明になってくる事は否定できません。
 私も「風営法からダンスの文字が完全に削除される」のを是非とも見てからこの世にオサラバしたいのですが、未だ未だ先の事になるのでしょうか。
 私のホームページに映画「Shall we ダンス?」のその後の事件について、来週から掲載する予定ですが、個人的な「地位」や「利益」のみを追求する人が多く、業界(自分たちの未来への)の発展や将来への展望が無い役員が多いのも心配です。
(どうか、ホームページの「亘 vs 角川」をご覧下さい。)
是非とも、若いプロの選手諸君! 自分たちの将来の為にも、後輩の為にも「より良いダンス界」に発展させるべく尽力して下さい。     

 
Posted by : shinodamanabu | 風営法のその後 | 23:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://blog.shinoda-manabu.net/trackback/62
TOP