色々と書いていこうと思っています。
(以前のブログは消えてしまいました…)
<< 三重支局の改革 8 | main | 風適法のその後 2 >>
風適法のその後 1
1
 風適法の改正について、私も長年努めてきた積りですが、今回大阪のヌーンというナイトクラブが、風適法違反の容疑で裁判になった事件の結末をお知らせ致します。この事は我々ダンス界にも大きくプラスになると思われることで、私の最終目的であり、完成すれば最大の喜びでもあります。
 4月25日、大阪地裁法廷にて「被告は無罪」との判決主文が宣せられました。この事件は、約2年前から争われていたもので、クラブは客のダンスと飲食提供を伴う風俗店とされ、現状では都道府県公安委員会の許可が必要とされていたのです。
 判決は風営法のダンス営業規制の対象を、大幅に絞り込むものでありました。裁判官は「性風俗の乱れにつながる恐れが実質的に認められる場合」と限定し、ヌーンのイベントや客のダンスは、「性風俗を乱すものではなかった」と結論付けたものでした。
 現在は、「ダンス」という名前だけで風営法の規制対象とされていて、ダンス教室も、特別な講習を受けた人が教える場合以外は対象となるのです。
 古屋国家公安委員長は「クラブやダンス教室などを規制している風営法を見直し秋の臨時国会に法律改正案を提出する。」
ダンススクールのようなものを緩和するすることに異存はない」と述べたのです。
 これは、深夜営業のナイトクラブばかりでなく、ダンスホールが風適法から撤廃されることにより、ダンスホールを営業する人が増え、「ダンスを習いたい」と思う方が増大することにもなる、と予想されます。
 同時に、今まで一流のホテルは「風適法」の許可を取ってまで客にダンスをさせることは出来ない、としていた所が多かったのでありますが、ラウンジや喫茶・軽食をする場所でダンススペースをとり、客に自由に踊らせることが出来れば、それまで踊れなかった人達も、ダンスを習ってみようかな!と思うことでありましょう。
 早速、議員連盟(衆参両院の超党派)の先生方や法曹界(主として弁護士の先生)の方のお力で、「風適法の改正」が立ち上がったのです。我々ダンス(ボールルーム・ダンス、ダンススポーツ)に関係する者もこの運動に積極的に参加する必要があるのではないでしょうか? この数年が日本のダンス界にとっても重要な年月になる事と存じます。
Posted by : shinodamanabu | 風営法のその後 | 16:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://blog.shinoda-manabu.net/trackback/60
TOP