色々と書いていこうと思っています。
(以前のブログは消えてしまいました…)
<< 三重県支局の傲慢4 | main | 三重支局の傲慢6 >>
三重県支局の傲慢 5
0
     

    三重支局5


     少し、間が開いてしまって申し訳ございません。現在、

    34日に開催予定の、財団の理事会、資格審議委員会に

    向けて、三重県支局の問題を纏めているところです。


     連盟本部(資格審議委員会)の対応によっては、安西会

    長を始め、学識経験者の2号理事の先生方、文部科学省、

    国交省の公益法人担当委員会などに、全てを公表する予定

    で、その後、このブログでも皆さまに全てをお伝えする積

    りであります。しかし、現在はその段階ではありません。

     従って、そちらに全精力を注ぎたいと思いますので、し

    ばらく時間を下さいます様にお願い申し上げます。


     ダンス界(
    JBDFだけでなく)全体の発展と普及、社会

    的評価の向上及びどん底と言われている業界の景気状態の

    改善など、力を合わせて行動しなければならない「時」が

    「今」であると思います。

     地方の1ボスが権力を振りかざし、若い有能な会員の加

    入を阻止するなど、40年以上も前の古いダンス界の体質を

    改善しなければ、日本のダンス界の未来は有りません。

     平成11年に「大腸癌」の手術を受けて、今年で15年目、

    とっくに天国に行っていてもおかしくなかった私が今もって

    動けている…今回が私の「最後の闘い」になるかとは思うけ

    れど、自らの信じる道を行くしかない!今迄にも途中で投げ

    出したことは無かったこと、が私の誇りでもありました。

     もう少しの間、私に力を貸して下さい。   以上

     

    Posted by : shinodamanabu | 三重県支局の改革 | 23:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.shinoda-manabu.net/trackback/50
    TOP