色々と書いていこうと思っています。
(以前のブログは消えてしまいました…)
<< 音楽著作権料の割引 5 | main | おめでとうございます >>
音楽著作権料の割引 5−2
0

    音楽著作権料の割引 5-2(最終回)

     

     このままJASRACの横暴に耐えて行くべきでしょうか?それとも何らかのアクションを起こすべきだと、皆さまはお考えでしょうか?

      JASRACの横暴と闘う為に、最も有効的な武器はあるのでしょうか。

    私は、それが著作権フリーCDだと思ったのです。然し、NATDNDLSは反対していたのです。

     NATDが音楽CDを作成した時、私(篠田)は第1集から第3集まで、選曲から録音の立会いまで担当いたしました。確か約10,000枚のCDが売れ、大きな財源になった筈です。

     JBDFが著作権フリーCDを作成することによって売れ行きが悪くなる事を心配したのかも知れません。然し、ダンス界の危機を乗り切る為には共同で「著作権フリーCD」を製作し(当然、NATDが製作したものもJBDF関係の教室や会員、否、他の団体にも働きかけて販売し、また他の団体や舞サウンドなどの会社でも著作権フリーのCDを製作して戴き、皆で協力して製作と販売をすれば、充分に採算が取れる筈です。

     また、他の国の協会に働き掛けて、著作権フリーCDの作成と販売に協力しあえば、ダンス音楽の著作権問題は簡単に片が付く(決着する)のではないですか。

     現在、正確な数は把握していませんが、かなりの数の教室が「著作権フリー曲」だけで営業している事と思いますが、連盟は事務局が大変であるとの理由で製作を中断しています。採算は十分に取れているのです。

     第1集からの製作担当者の一人として、説明させて戴きますと…。

     財団で製作している著作権フリーCDの採算点は、5,000枚製作して3,650枚であります。第1集が3,650枚売れた時点で、第3集の製作に取り掛かります。その間、第2集も販売していますので、第2集が採算点を超えた時点で第4集の製作に取り掛かる、という様にして、既に第11集まで作っているのです。新しいCDを購入した方の多くは、前に販売されたCDも購入して下さる方が多く、当然、増刷するだけですから、収入も多くなります。

     公益法人ですから、総額の50%以上の収益事業はできませんが、連盟にとって大きな収入源になっていた筈です。NDLSも同様に自分達の事だけを考え協力体制にありません。皆が協力してダンス界を変えるべき時なのにです。

     現在、著作権フリー曲のみで営業されている方、英国の新しいCDダンス曲(コンピューターで作られているものが多い)にはJASRACが管理していないものが沢山あるのをご存じですか?アメリカにも著作権の発生しないCDを製作している会社があり、聴いてみたら、とても良いダンス曲もありました。

     若し、JASRACとの交渉が上手く行かなければ、全国的に年間約1億円(現在はもっと多くなっている筈)と言われる、ダンス業界の著作権を2〜3年著作権フリーCDにして支払い拒否をしてみる(その間、政治家やマスコミに働きかけて)のも一つの手ではないでしょうか?

     

    ご意見をお待ちしています。各ブログの一番下の方に「comments」というのがありますから、それをクリックして戴くと、書く欄が出てきます。名前はニックネームでも構いません。  以上 

    Posted by : shinodamanabu | NDLSの不法な契約解除 | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.shinoda-manabu.net/trackback/42
    TOP