色々と書いていこうと思っています。
(以前のブログは消えてしまいました…)
<< 音楽著作権の割引 3 | main | 音楽著作権料の割引 5 >>
音楽著作権料の割引 4
0
     

    音楽著作権料の割引

     

     英国に滞在中、地方の教室へデモに出掛けた時、その前に子供達がメダル・テストを受験する様子を拝見する機会がありました。

    ホールドは横に肘を開き、両手は男女とも立ててバランスを取り、3人くらいずつがシャドーで踊っていたのです。試験委員は、項目に沿って採点と、短い注意点を書き足すのです。

     英国では、各教師協会毎に決められた方法で行っているそうですが、例えば、ブロンズですと、ワルツは1人でシッカリと立つこと、音楽に合わせて踊れる能力、リズム[1]の前進はヒール、後退はその前の足のヒールで送り出すこと、同じく [3]で両足をキチンと揃えること、ライズとロアーなどが採点の基準になります。

     即ち、採点の基準がハッキリしている為に、担当の先生は事前に、出来ていない子には「今回は受験を辞めて、次回にする様に」と全ての子供達が合格する様に指導できるのです。

     費用も500円から1,000円程度で、バッジと合格証が授与されます。安い費用の為、ブロンズに合格した子は、次のシルバー、そしてゴールドへとバッジを集める為もあって、ダンスの基本を忠実に学んでゆきます。(結果として良いダンサーを生み出すのです)

     私も、 2〜3年前、サークルの「初級供廚僚わりで、ソロ・デモの試験をやったことがありました。無論、無料で行ったのですが、簡単なルーティンをシャドーで練習させると、驚くほど姿勢や動きが良くなったことに驚いた事がありました。

     特に女性の上体と、それまでは相手についてゆくだけだった人が、自分の足で送り出すのと、自分で回転する様になったのが目につきました。

     男性も、それまで周りの人を見て自信の無さそうに踊っていた人が、自分の足を使って堂々と踊るのを見ると教える側としても楽しくなるものです。 

     さて、日本のメダルテストはどうでしょうか。教授所が行うために、教室の利益の為に行っている、と言ったらば[言い過ぎ]でしょうか。平均で1万円を超える料金で、7〜8階級ものテストを行い、審査基準がハッキリしないことも問題です。

     教授所へのキックバックが大きく、又、本部への送金、他にパートナーの先生へのお礼もかかるので、受験者は片寄り、若い人や子供の受験者は極端に少なくなります。
     教室によっては収入をこのテストに依存している所もありましょうが、本質的には、テストを受ける為に教授所に通ってくる様にするのが当たり前ではないでしょうか。質の良い踊りを作り上げる(特に競技会に出場する様な選手を)為には、教師協会か、
    財団の様な公益事業として行うことが必要と考えます。

     以前、故佐野理事(日本余暇振興会理事長)が提案された様に「公益事業として安い料金でメダル・テストを連盟が行うべきではないか」との発言も、NDLSがこの様な状態であれば、当然考えなければならない問題であると思います。

     以前、NDLSと取り交わした、「NDLSメダルテストの合格者にJBDFの地域指導員の資格の試験項目を免除する」等の取り決めも[解約する時は、3カ月以前にその通知をしなければならない] の覚書(平成)18年6月)にある如く、速やかに取消すべきでありましょう。

     それでなくても、JBDFの地域指導員資格の権威が無い、と言われている現在、P.D.I.資格が「旧全ダ連資格」よりも権威がある事で受験者が増えたことを考慮しても、指導員資格の権威を高める為に一考する時ではないでしょうか。

     財団の事務局が大変だから、と言います。問題に対する視点が異なるのでしょうか。著作権問題も含め、日本のダンス界(プロだけではなくアマチュアやサークル等も関連してきます)特に将来の国際的な競争力から見て、ジュブナイル・ジュニアのレベルアップに重要な基本を、初期段階で身に付けさせるメダルテスト・又はバッジテストを、財団が公益事業としてスタートさせるのは既に遅い位である、とも言えるのではないか、と思います。

     資格審議委員と事務局の資格審議部が協力して共同で作業を行えば難しい問題とは思えません。要は、やる気があるか、無いかの問題でありましょう。
     

     (次回は、最終回として「何故、JASRACにダンス界だけが不当な著作権料を支払わせられているのか、その打開策はあるのか」について考えてみたい、と存じます。)

    Posted by : shinodamanabu | NDLSの不法な契約解除 | 01:30 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    私も以前メダルテストを受験した事がありましが、上に行くほど下手なテストに呆れて辞めました。
    財団がテストをする事に大賛成です。
    頑張って下さい。
    | ダンスの鬼 | 2012/11/02 1:08 AM |










    この記事のトラックバックURL
    http://blog.shinoda-manabu.net/trackback/40
    TOP