色々と書いていこうと思っています。
(以前のブログは消えてしまいました…)
<< ブログ 中部総局 その4 | main |
ブログ 中部総局 その後 最終回
0

    ブログ 中部総局 その後 5.

    連盟本部役員の刷新

     

    多くの方々は既にご存知の様に、会長・副会長・専務理事などの連盟のトップが辞任・交代した。

    西部総局を除名したり、J.D.S.F.と手を組んだ為に選手会が全日本選手権をボイコットする等、大きな赤字を出したりした結果の責任もあるが、この名誉棄損による津地裁の有罪の判決も大きかったと言えよう。

     非常識な中部総局の局長が、本部の常務理事・総務部長・専務理事を歴任していた事は無論の事、本部役員を退任させられた後、中部総局の局長を未だに務めているなど、名誉棄損で有罪になり、連盟の正会員を含め、10数名の会員を追い出した責任を本部の常務理事会は何と考えているのだろう。

     数年前迄の東部総局の正副会長の愚劣さ加減に、辟易としていた私が、連盟の常務理事を自ら辞任した理由もお判り戴けたことであろう。

     それにも関わらず、常務理事を解任した者(連盟を訴えていた者)、連盟の会費を周りの者に納入しない様に言い触らしていた者を連盟本部の監事に起用したことも大きな錯誤・誤謬ではあるまいか?

     この際、中部総局・東部総局ともに「トップの役員」(ダンス界出身の理事)の総入れ替え(若手への)を考える人は居ないものであろうか。

     全日本選手権の準決勝にも残れなかった者がダンス界で偉くなって「何をやりたい」のであろうか?

     頭に何も無い人は、連盟に必要ない。

     今、やらなければならない事は沢山ある。石原・奥村等の元チャンピオンが先頭に立って連盟本部に大鉈を振るって、今、改革しないと、日本のダンス界の将来は、とても暗いものとなってしまうであろう。

     ゴルフ界の様に、学連出身の若手を登用して連盟を根本から立て直す努力を「二号理事の先生方にお願いしたい」、と願う者である。

    次回からは、連盟指導員によるセクハラを取り上げる。

    Posted by : shinodamanabu | 連盟の酷い対応 | 13:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.shinoda-manabu.net/trackback/118
    TOP