色々と書いていこうと思っています。
(以前のブログは消えてしまいました…)
<< 小久保名誉棄損判決 5 | main | ブログ 連盟の酷い対応 >>
小久保名誉棄損判決 6(最終回)
0
    小久保 名誉棄損の判決 最終回
    連盟本部の責任は?
     
    判決後、小久保氏から池田氏に対して何らの謝罪の言葉も文書も来ていないという。「賠償金を支払えば良い」というものではない。
    本人が、自ら総局長を辞任するか、総局内で何らかの運動が起こってしかるべきであろう。
    連盟は、若い人材を十名も失ったのである。当然、懲戒委員会にて、審議しなければならないのは確実であろう。
    公益法人J.S.A.A.(日本スポーツ仲裁機構)の見解に…
    「不祥事が起きた場合、まず、スポーツ団体として迅速に事実関係を把握するため、不祥事を起こした本人や関係者から詳細な事情聴取を行うこと。」
    「スポーツ団体の調査は弁護士や団体外の有識者が関与して調査を行うことを検討すべきである。」
    「スポーツ団体内部の役員等のみが調査を行うと、従来の人間関係から、公正・中立な調査を期待できないからである。」とある。
    現に、最初の調査でも再調査においても、同じ常務理事の内田資格審議委員長が対応したが為に、この様なお粗末な調査になったことは明らかであろう。
    この次の「懲戒委員会」は、出来れば「第三者委員会」として迅速に事実関係を明らかにして戴きたい、と願っている。
    昨日、財団から届いた役員人事のご挨拶で、「この1月4日より小久保常務が専務に格上げされたとのご挨拶」が送られてきた。この様な役員人事をよくもこの時期に行ったことに激怒している。早速、「小久保氏を倫理綱領及び懲戒規定違反」により私の名前で懲戒処分の請求に踏み切った。どの様な結末になるか興味深いことであろう。私も成り行きで、その上に進むことを誓う者である。当然、廣田三重県支局長、内田本部資格審議委員長の懲戒処分と続いて行き、最後は最も重大な
    「地域指導員のセクハラ事件」の件で西坂副会長の責任に行き着き、公益財団の認可取り消し迄進み、これ以上連盟の恥部を今まで同様に糊塗すべく放置しておくならば、マスコミ・政治家・国の監督省庁(内閣府)への働きかけにより、ダンス界に大きな衝撃が来ることになっても仕方があるまい。
    ダンス界全体で、この事件の終焉を注視しようではないか。                       終

    次からは「浦安で起きた地域指導員のセクハラ事件」、それに対する「西坂副局長の規定に悖る(もとる)規定違反の各種決定」等をお伝えして参ります。


    次の
    Posted by : shinodamanabu | 三重県問題 解決へ | 11:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.shinoda-manabu.net/trackback/109
    TOP